センスある引き出物は式の演出の一部です

一生に一度の結婚式は、誰しも絶対に失敗したくないイベントです。

挙式や披露宴に招待したお客様にいい印象を残して終わるために準備はしっかり行いたいところです。
ドレスやお料理、音楽、式場の装飾などこだわりを見せたい場面はたくさんあります。
でも、式以外にも大事にするべきことがあります。

それが、引き出物の選択です。

引き出物は本来、宴席で供された料理を家族へのお土産として持たせたのが始まりと言われています。


しかし、現代では結婚の記念品という意味合いが強くなっていて、お土産というより感謝の気持ちを示す贈り物というのが一般的です。



では、実際にどんなものを用意すればいいのでしょうか。まず、考えるべきことは相手にとって贈られて喜ばれそうなものであることです。少なくとも迷惑になってはいけません。

二人の記念の品だからと言って顔写真や名前の入った品物は配慮が必要です。
入れたい場合はお菓子、食品などのパッケージのように後に残らない部分に使いましょう。

お菓子、食品は後に残らないがゆえに二人のこだわりを出していい品物です。



思い出の土地の名産品、海外のウェディングの風習を取り入れたお菓子など個性を出すことができます。

その際に、なぜその品物を引き出物にしたのかというメッセージを、来てくれたお礼とともに添えておくのもいいでしょう。


最近はカタログで全てを済ます場合もあります。
カタログは持ち帰りに便利、相手の好みで選んでもらえるというメリットがありつつ、相手の年齢や土地柄によっては冷たい印象を与えます。
引き出物は招待客が家に帰って、今日の式を思い出しながら開けるものなので言わば式全体の締めくくりにあたります。

式全体の印象をいいものにするために気を抜かずに準備をしましょう。